共用送電線事業に向けた準備手続きと今後のスケジュールについて

【資料1】

2016年12月8日

共用送電線事業に向けた準備手続きと今後のスケジュールについて

福島送電準備合同会社

1.背景・経緯等

福島県における更なる再生可能エネルギーの導入加速を実現するため、平成28年9月に「福島新エネ社会構想」において、再生可能エネルギーの更なる導入拡大に向けた送電網の増強等が記載されました。これに伴い、経済産業省資源エネルギー庁および福島県では、共同送電の増強等に向けた検討を進めております。

2.送電ルートの案

現時点での案であり、今後、送電ルート調査検討事業によりルート案が変更される可能性があります。

1)双葉北部ルート

%e5%8f%8c%e8%91%89%e5%8c%97%e9%83%a8%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88

2)阿武隈北部ルート

%e9%98%bf%e6%ad%a6%e9%9a%88%e5%8c%97%e9%83%a8%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88

3)阿武隈南部ルート

%e9%98%bf%e6%ad%a6%e9%9a%88%e5%8d%97%e9%83%a8%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88

3.接続に当たっての条件

1)接続に関する条件

(1)基本接続

・送電網への接続電圧は66kVとする。

・送電網までの連系設備は自営設備とする。

(2)昇圧変電所への接続

・福島送電合同準備会社と個別相談になります。

2)工事費負担金等について

現時点での費用は以下のとおりです。今後変更する可能性がありますが、最終的には工事負担金契約等に基づいたご負担となります。

(1)工事費負担金

金額:太陽光:30,000円/kW、その他:76,000円/kW

支払い時期:接続契約締結時

(2)管理運営料金(予定)

金額:太陽光:300円/kW、その他:800円/kW

支払い時期:年度末までに翌年度分払い(初年度契約時支払い)

4.契約について

共同送電網への接続にあたっての契約関係を下図に示します。発電事業者の皆様におかれましては、東京電力パワーグリッド社と接続協議を進めていただくことになります。

%e5%a5%91%e7%b4%84%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e5%9b%b3

契約イメージ図

PDFはこちら→【資料1】共用送電線事業に向けた準備手続きと今後のスケジュールについて